メニュー

ドクター

脳梗塞の症状を知る│誰がなってもおかしくない病気

このエントリーをはてなブックマークに追加

怖い脳の病気

下を向く人

脳動静脈奇形は、先天性の血管異常により引き起こされる病気です。頭痛や麻痺を伴う事があります。ですがきちんと治療をすれば、再発率は低い病気でもあります。治療方法は数通りあるので、主治医と相談し治療方法を選択する必要があります。

読んでみよう

がんを治療するには

電卓と救急車

がんを人が持つ本来の免疫機能を高めて攻撃するのが免疫療法です。これは白血球の一つであるリンパ球の働きを強める治療です。リンパ球には3種類ありそれぞれに働きや大きさも違います。免疫療法は副作用もなく体に優しい治療です。

読んでみよう

周知活動をする理由

頭痛

必要なのは早急な治療

医療関係各所が近年、躍起になって行っているのが、脳梗塞の症状の周知活動です。脳梗塞は現在、日本人にとって非常に身近な病気です。それは現代日本人の生活習慣の中に発症リスクが潜んでいるからであり、また、高齢になるに従い、発症リスクが高くなるからです。周知のとおり、日本は今、そして、この先も超高齢者社会です。脳梗塞によって壊死してしまった脳の組織を再生させることはできないのですが、壊死の広がりを食い止めることはできます。そのためには、早急に治療を受けることが必要となりますが、そのためには、どういった症状が脳梗塞であるかを知っておくことが大前提となります。それ故に、医療機関各所は、脳梗塞の症状の周知活動に躍起になっているのです。そのかいあって、随分と世間に浸透していると言えます。脳梗塞は早期に治療を開始すれば、僅かな後遺症で済む、あわよくば、脳の組織を壊死させずに済む病気です。

異変が出る場所

周知活動が行われている、もう1つの大きな理由が脳梗塞の症状が分かりにくいことです。脳の病気というと、頭痛等、頭に異変が生じるとイメージしてしまいがちですが、脳梗塞の場合は、頭以外のところに異変が生じます。例えば、片手や片足、顔半分の麻痺、しびれといった症状が発生します。他にも、ろれつがおかしくなったり、言葉が上手く出てこなかったり、視野の一部が欠ける等といった異変が代表的な症状です。頭の異変に関しては、少なくとも代表的な症状には含まれていないのです。脳は人間のコントロールルームのような場所ですから、脳の組織が壊死するというダメージを負ってしまうとコントロール不能となりますので、そういった異変が起きてしまうのです。異変が起こる場所は、脳梗塞の発症場所によって異なります。このように知識がないと症状と脳梗塞を結びつけることができませんから、周知活動が行われているというわけです。

がん細胞の手配写真

横になる女性

がん免疫療法の中でも本命視される樹状細胞療法は、いかにしてがん抗原を入手するかが治療成績を上げる鍵です。手術で摘出したがん組織から抗原を取り出すのが理想ですが、難治性がんでは手術不能の例も少なくありません。その場合でも進歩したペプチド合成技術によって精度の高い抗原を作り出し、治療に生かしています。

読んでみよう